利用者が解説!モットンって臭いの?ウレタンの匂いの本当のところと対策も!

モットン

モットンがウレタン100%で出来ているなら、あの独特な匂いもするのでは?と躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに通信販売では匂いをチェックするのは不可能ですよね。今回は匂いに関して心配されているあなたへ、モットンは本当に臭いのかどうなのか、成分などを解析してお伝えしていきます。臭さで質の高い睡眠を諦めないようにしましょう。

ウレタンが臭い?独特な匂いが苦手な人もいるらしい

新品のウレタンマットレスには、独特な匂いがついてしまっていることがあります。製造過程でウレタンの空洞部分に匂いがたまってしまうことが原因で、これを嫌がる人が多いんですよね。

 

ウレタン100%でできているモットンなので、その空洞の数は他社製品よりも多くなってしまいます。そのため匂いを感じてしまう人が多いんですよね!ではこの独特な匂いはどこからきているのでしょうか?

 

発泡剤というものを使用するため、新車を購入した際に感じるアンモニア臭のような匂いが新品時にはついてきてしまいます。あまりにもきつい匂いの場合は、目にくる可能性もあります。

 

使用している間にどんどんなくなっていく匂いではありますが、モットンは面積が大きく厚さもあるため、その匂いがなくなるまでに時間がかかることも予想されます。
ではどのように臭さを消せばよいのでしょうか?

モットンのウレタン臭さが気になるならコレを!

方法はいくつかありますが、そのなかで効果が高いものを紹介していきます。放置していてもいつの間にか臭さは消えているはずですが、はやく対策したい場合は面倒でも試してみてくださいね。

 

  1. 何回か陰干しする
  2. カバーを外す
  3. 圧縮と復元を繰り返す
  4. 乾燥させる

1.何回か陰干しする

通気性を良くするとウレタンの隙間に風が通るので、匂いをはやく取ることができます。ただ1点注意してほしいのが、モットンは高熱を処理できないこと。

 

天日干しをしてしまうと変色する可能性もあるので、かならず陽のあたらない場所で陰干ししましょう。
1度で臭い匂いを消すことが難しい場合は、何度か陰干しにチャレンジしてみましょう。

2.カバーを外す

こちらも通気性を良くするという観点からですが、モットンにかかっているマットレスカバーを外してみましょう。

 

カバーを外すことで、敷きっぱなしでも通気性を高めることができます。
時間がなくても簡単にできる方法なので、起きたらカバーを外しておきましょう。

3.圧縮と復元を繰り返す

ウレタンの隙間の空気に溜まる匂いを消すためには、空気を入れ替える必要があります。そこで空気を抜くように、一度圧縮して復元させましょう。圧縮袋にモットンを入れて空気を抜き、1分程度放置した後に圧縮袋から取り出してみてください。

 

圧縮することでモットンの形が崩れることはありませんが、長い時間放置しておくと生地に負担がかかります。短時間の圧縮でも効果を発揮するので、繰り返してみましょう。

4.乾燥させる

乾燥させる方法はたくさんありますが、とにかくモットンを乾燥させるようにしましょう。収納した際に、乾燥材を一緒にいれるだけでも効果はあります。就寝時には考えられないほどの汗をかくため、モットンを使用していないときには乾燥させておきましょう。

まとめ

モットンの臭さは最初からない場合もありますが、大きな面積のものを圧縮して送られてくるので匂いは残る可能性もあります。返品するという考えも良いのですが、まずは匂いを消す方法を試してみてください。

 

匂いの原因が分かっている以上、しっかりと対策すれば徐々に馴染んでくるはずです。モットンを使用して質の高い睡眠を得られるように工夫していきましょう!