モットンって返品可能?返品手順とポイント紹介!

モットン

 

モットンを購入したいけど「もしなにかあったときに返品できなかったら嫌だな」「通販ってやっぱり怖いな」と思う方も多く、通販での買い物自体も諦めてきたことがあるのではないでしょうか?今回はモットンの購入を検討するにあたり、返品が可能なのかという誰もが気になるポイントを紹介していきます。

そもそもモットンって返品できるの?

下着などの直接体に触れるものは、返品できないというイメージがありますよね。これは寝具も同じで、大体の寝具販売店では返品は行ってません。モットンも直接体に触れ、さらに寝具なので汗を吸い取りやすいイメージがあるはず。マットレスは返品可能にしても、カバーまでは返品できないのでは?と思いますよね。

 

でもモットンは購入したままの状態であれば、全て返品可能なのです。もちろん多少の条件はありますが、返品を断られるということは口コミを見る限りなさそうです。

 

腰痛改善を期待して購入を検討する人が多いのですが、数日使用したくらいでは改善されているのかどうかも分かりません。そこで90日間使用して、その後14日以内であれば返金対応するという制度をつくりました。

 

モットンだけに限らずマットレスは高い買い物の割には返金ができないので、なかなか購入を決定できないという悩みの声も多いですよね。モットンの人気の秘密はここにもありました。
返品できるなら購入してみようかなと感じられた人も多いのではないでしょうか?

モットンを返品する手順とは?

モットンを使用して、どうしても体に合わなかった場合は返品の手続きを始めましょう。商品発送後に届いているメールを探すと、そこに返品依頼フォームというものがあります。そこをクリックして、以下の内容を入力しましょう。

 

  1. マットレスに関するアンケート
  2. メールアドレス
  3. 名前
  4. 電話番号
  5. 返品時に利用した運送会社、運送会社名
  6. 配送に頼んだ時の伝票にかかれている配送番号
  7. 返品される商品名&個数
  8. 商品が自宅に到着した日
  9. 商品は揃っているのか
  10. 返金先銀行名、支店名、口座番号、口座名義

 

返品する際には、購入者が負担しなければならない金額もあるので紹介しておきます。

 

  1. 配送手数料 3,942円/個
  2. 代引手数料 648円
  3. 返金時の銀行振込み手数料 648円
  4. 印紙代 216円(合計購入金額が5万円以上簿場合)
  5. 返品時の送料

 

クレジットで購入している場合は銀行振込ではなく、クレジット会社経由の返金となります。クレジットカードが止まっていたり、もしくは番号が変わっていると銀行振込に変わります。
その際にはモットンにメールで問い合わせてみると、不安解消に繋がるでしょう!

返品を断られた?モットンの保存方法をチェック!

モットンの返品を断られてしまった、もしくは断られないか不安という方は以下をチェックしてみましょう!

 

  • 楽天市場などの保証外店から購入していないか?
  • カバーなどが非常に悪い状態ではないか?
  • 90日間+14日間を過ぎていないか?
  • 保証書やカバーを紛失していないか?

 

上記を全て満たしていないと、返品を承ることができないそうです。特に保証書を紛失してしまうことが多いので、90日間はしっかりと保存しておきましょう。

 

他にも返品ではなく、交換なら承ることもあるそうです。商品の硬さが合わないときに利用するといいでしょう。

 

サイズの小さいものから大きいものに変更する場合は差額を払い、反対に大きいものから小さいものに変更する場合は、差額は戻ってきません。そこは注意が必要です。

まとめ

モットンは他社製品と違って返品が可能です。ただ返金期間を間違えたり、あるいは購入店がオリジナルサイトからではないという自分の認識ミスで、悪い口コミをされている人も多いそうですね。

 

マットレスで大きいものなので、送料負担が大きかったり運ぶのも難しいかもしれません。それでも試してみたい人は、返品制度を利用するつもりで試してみてくださいね。
モットンが手放せなくなる理由が、きっとみつかるはずですよ。