モットンと雲のやすらぎを比較してみた!どちらを選ぶべきなの?

モットン

モットンを購入使用と考えているけど、ネットで検索したらたくさんの類似商品が出てきてしまって悩んでいる…。そんな方に今回は、モットンとよく比較対象にされる商品「雲のやすらぎ」についても調べてまとめています。寝具の比較紹介記事となっているので、購入を迷っている方は参考にしてみてくださいね!

モットンと雲のやすらぎを比較してみよう

ここでは2つの商品の基本的なものを比較してみました。

 

雲のやすらぎ モットン
種別 高反発敷き布団 高反発マットレス
販売元 (株)イッティ (株)グリボー
価格 39,800円〜 39,800円〜
厚み 17cm 10cm
長さ 200cm 195cm
サイズ展開 シングル・セミダブル・ダブル シングル・セミダブル・ダブル
重量 6.7kg(シングル) 7.5kg(シングル)
構造 5層構造 1層構造
復元率 99.9%(検査機関:不明)※高反発ウレタン部分 96%(検査機関:ボーケン)
密度 35kg(検査機関:不明)※高反発ウレタン部分 30kg以上(検査機関:ボーケン)
お手入れ 天日干し 影干し
耐久年数 3〜4年とのこと 約10年
返金保証 100日経過後の15日間 90日経過後の14日間
特徴 季節に応じて両面使い分けできる 体重に応じて3つの硬さから選べる

 

 

モットンと雲のやすらぎのへたり具合は?

数年前の口コミを見ていると1年程度でヘタってしまったと言う口コミもチラホラ見かけます。

 

他のマットレスと比べて極厚なので少しヘタっても底付き感が出るわけではありませんが、昔の雲のやすらぎは耐久性は今ほど高くなかったようです。

 

雲のやすらぎはバージョンアップを繰り返して耐久性をアップさせ、復元率99.9%を達成していますし、ウレタンの密度も30Dを使用しているので耐久性は普通の寝具と比べるとかなり高くなっています。

 

また、雲のやすらぎプレミアムはもともと厚みがかなりある敷布団なのでヘタりが目立ちやすいのかもしれませんね。

 

それに比べてモットンはどうでしょうか?
同じ高反発マットレスでも寿命が極端に短いものもありますが、モットンは10年近く使うことができます。

 

長持ちする高反発マットレスと、そうでない高反発マットレスの違いは「密度」にあります。一般的に密度が25?30あれば5?10年使用できると言われています。
これに対してモットンは30ありますので、多少の重量がかかっても反発力でもとに戻るのです。

 

世の中には激安で1万円以下の購入できる高反発マットレスもありますが、それらの密度は15以下になり、1ヶ月程度でヘタってしまいます。
反対に50以上あると30年は使えるそうですが、値段も上がり、あきらかにオーバースペックですよね。

 

モットンはほどほどの値段で、ほどほどの密度を兼ね備えている、とてもバランスの良い高反発マットレスだということがわかります。

モットンと雲のやすらぎの口コミを比較?

雲のやすらぎで少し注意しなければならないのは、この雲のやすらぎプレミアム敷布団を毎日押し入れに畳んで仕舞うような使い方をしようと考えている人は、現在の空きスペースを確認すること。

 

厚みがあること、重さが重いことで押し入れの中に入らなくて困っている人が多いんです。

 

そして少しヘタりやすいことも問題で柔らかさ故にしかたがないのですが、3ヶ月ほどで50キロ弱の女性が使用して17cm→13cmと約4cmもサイズが変わったそうです。

 

ここから言えることは体圧分散性は高い雲のやすらぎプレミアム敷布団ですが、ヘタリ方は均一ではないために腰痛を悪化させる可能性があるということです。
いくら体圧分散性が高くとも均一にヘタる事はありませんのでこれは要注意ポイントです。

 

それと比較して、モットンは高反発マットレスでは珍しい布団乾燥機や電気毛布が使えるタイプ。夏の快適性と冬の快適性を兼ね備えた高反発マットレスです。

 

実際に私も使用していますが特に腰痛効果も高く、それに通気性や快適性も兼ね備えたバランスの良いタイプだと思います。

 

オリジナルのベロア調のカバーの肌触りの良さ、反発力の高さ、耐久性の高さなども評判どおりで初めて高反発マットレスを試したいと考える人には安心できる返品保証なども魅力的です。

モットンと雲のやすらぎをケア方法で比較?

公式サイトを見てみると雲のやすらぎプレミアムは週に1度の天日干しが推奨されていますが、折りたたんで持ち運ぶのが困難な為、天日干しするのはなかなか大変みたいです。

 

それに対してモットンは高反発ウレタン1層なので、直射日光が当たらない風通しがよい場所に立てかけて干すだけでお手入れできるようなのでお手入れも簡単です。

 

寝室が日当たりが良く天日干しができるのら、雲のやすらぎプレミアムでもお手入れは簡単かもしれませんが、それ以外の場合はベランダや屋外に干す必要がないモットンの方が断然お手入れは簡単と言えそうです。

まとめ

雲のやすらぎもモットンもそれぞれにメリットデメリットがありますが、購入者の生活と体に合わせたものを選ぶのがもっとも正しい方法です。

 

マットレスは決して安い買い物ではないので、慎重に決めましょう。